LINEで送る
Pocket

1

アメリカロサンゼルス・ハリウッドのカウントダウンパーティー体験!

米国のカリフォルニア州立の短大に留学していた当時、

友人に誘われて大晦日にカウントダウンイベントに行ってみました。

そのイベントはロサンゼルスのハリウッドにある

ラテン系のナイトクラブでのカウントダウンパーティーでした。

普段は勉強漬けで出歩くことがなかった私を友人が連れ出してくれました。

ロサンゼルスでは、人々は有名なレストランやバー、ナイトクラブなどで

各お店が開催するカウントダウンに参加することが多いのだと当時友人から聞きました。

それは現在も変わらないようです。

ハリウッドのカウントダウンは皆ファッションがおしゃれ!

クラブに到着した時、ハリウッドという場所柄もあるのか、

開店待ちで並んでいる人達は男女問わず皆ファッションモデルのようにおしゃれでした。

クラブの中に入ると、大音響で陽気なラテン音楽が響き渡り、

エネルギッシュに踊っている人達でフロアはいっぱいでした。

ハリウッドのカウントダウンは禁煙が徹底している

フロアを見渡すと、片隅に警察がいることに気が付きました。

禁煙条例が制定され、そのクラブでは喫煙出来ないので違反者がいないかどうかを

警察が見張りに来ていると聞いて驚きました。

ハリウッドのカウントダウンはまるで映画の中に迷いこんだかのような情景

陽気なラテン系の音楽が次々と流れました。

天井からはゴンドラがつり下がり、ゴンドラの中にはミスカリフォルニアかと思うような美女が乗っていて、

エネルギッシュに踊りながら場を盛り上げていました。

クラブの中はまるでアメリカ映画のようで、私はまるで映画に紛れ込んだような錯覚を覚えました。

日本にいれば、除夜の鐘の音を聞きながら静かに年を越していたであろうことを考え、

今年は全く正反対のとてもにぎやかな大晦日だと思いました。

クラブ内が真っ暗になり、DJと一緒に皆で声を揃えていよいよ新年へのカウントダウンが始まりました。

そして年を越した瞬間ハッピーニューイヤーの声が飛び交い、

人々は皆まわりの人達とハグして新年を迎えました。

除夜の鐘ではなくラテンミュージックで新しい1年がスタートしました。

LINEで送る
Pocket

→カウントダウンパーティーコラムをもっと見る

スポンサーリンク